● Home
● 咲風里の概要
● 新着情報
● 久留米市こころの相談カフェ
● 
個人向けサービス
● 
企業向けサービス
● オリジナル教材
● アクセス
● 個人情報保護規程
● 佐賀県地域自殺対策強化事業
● お問い合わせ







 
個人情報保護規程

 特定非営利活動法人 おせっかい工房咲風里は、個人情報の保護に努めることを社会的責務と認識し、以下の方針に基づき本規約を定める。

第1条(目的)
 この規程は、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)の目的に沿って、特定非営利活動法人 おせっかい工房咲風里の顧客、従業員等の個人情報(以下単に「個人情報」という。)を対象として、その適切な保護のために必要な、取得、利用、提供、管理、開示等のルール、遵守すべき事項、社内の責任体制、個人情報に関わるグループ企業および取引先との取り決め等を定めることにより、業務の円滑な運営を図りながら、個人情報の漏洩等を防止し、個人の権利および利益を保護する事を目的とする。

第2条(定義)
 本規約においては、次の各号記載の用語はそれぞれ次の意味で使用する。「個人情報」とは、氏名、性別、 生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、役職、社員コード、職務経歴その他の当該本人を識別で きるもの、および、本人の健康情報をいう。

第3条(個人情報の取得について)
 適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得する。

第4条(個人情報の取り扱いについて)
 職場環境等の評価のための調査やストレスチェックを実施で知り得た個人情報の取扱いに当たっては、関連する法令及び社内規程を遵守し、正当な理由なく他に漏らしてはならない。また、従業員からの相談対応に当たった者も同様である。

第5条(個人情報の利用について)
 健康情報利用にあたっては、個人情報の利用目的の公表や通知、目的外の取扱いの制限、特に適正な取扱いの厳格な実施を確保すべきものであることに十分留意し、その適正な取扱いの確保に努め、これらの法令等を遵守し、従業員の健康情報の適正な取扱いを図るものとする。

第6条(個人情報の第三者提供について)
 適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得する。
 下記の場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供を制限する。
法令に定める場合
人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受け法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第7条(個人情報の管理について)
個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理する。
個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピュータウィルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じる。
個人情報を持ち出し、外部へ送信する等によりこれを漏えいさせない。
個人情報保管期間は15年とする。

第8条(個人情報の開示について)
 本人が自己の個人情報について、開示を求める権利を有していることを認識し、これらの要求がある場合には、誠実に対応する。 (本人の生命・財産、他者の権利利益を害するおそれのあるもの等を除く。)

第9条(組織・体制)
個人情報保護管理責任者を置くとともに、個人情報を取り扱う部門ごとに部門責任者を置き個人情報の適正な管理を実施する。
役職員に対し個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務及び退職後における個人情報の適正な取扱いを徹底する。
  

 Copyright (C) 咲風里 Rights Reserved.